2010年12月13日

生コラーゲンって?

角質層に入る生コラーゲン美容液リポコラージュとは?↓↓




コラーゲンは人間の身体の至る所に存在し、

重要な役割をしています。(参考→コラーゲンとは?)


しかし、コラーゲンは加齢とともに減少していき、

40歳代では、20歳代の半分の量にまで、

減少するということがわかっています。



加齢による老化現象も、コラーゲンの減少によるものです。



コラーゲンは本当に、大切ですね。


そこで、沢山の『コラーゲン入りのスキンケア用品』が市場にあり、

それを使っているのですが・・・



実は、このコラーゲンという物質は、

分子がとても大きいため皮膚に浸透していかないのです。


コラーゲンが吸収されないというのは有名な話で、

各化粧品メーカーさんは、皮膚に浸透するコラーゲン成分を開発しようと、

日々、努力されています。



その中で、(株)ビューティ・ミッションという会社が、

セルベスト 生コラーゲン美容液 リポコラージュLIPOCOLLAGE)』という、

生コラーゲン成分が入った美容液を誕生させました。


もともと、人の皮膚にある生のコラーゲン

同じような成分になるように開発されたのが、

リポコラージュ 生コラーゲン」です。



ですから、加齢とともに、構造の崩れたお肌になじませると・・・



角質層のすみずみまで浸透し、

一般的なコラーゲン入り美容液の約6倍もの潤いとなるのです!

(ビューティ・ミッションの加水分解コラーゲン入り美容液従来品との比較)



想像以上の潤いとハリが実感できるはずです!









※実感は個人の感想によるものです。





posted by 生コラーゲン at 12:24| Comment(0) | 生コラーゲンって何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラーゲンとは?

角質層に入る生コラーゲン美容液リポコラージュとは?↓↓




コラーゲンとは、タンパク質の一種です。


身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等の

体中の組織に含まれています。



細胞同士をつなぎとめる働きをしたり、

老廃物を排出する働きをしています。



人間の体内に存在しているコラーゲンの総量は、

全タンパク質の30%を占めています。多いですよね・・・



そんなコラーゲンが不足したらどうなるのでしょうか?


コラーゲンは、体内で生成されているのですが、

残念ながら加齢によって体内で作られる数を減らし、

25歳くらいから少しずつ減少していきます。



コラーゲンが減少すると

細胞同士を結合する働きが弱まるので、

結果的に皮膚のたるみや、

水分を保つ場所も失われるので肌のカサつきの原因にもなります。




これはお肌に限ったことではありません。

コラーゲンは体中のあらゆる場所に存在するタンパク質です。

ということは、コラーゲンが減少すると、

内臓・骨・関節・髪など様々な場所に影響を及ぼしてしまいますね。



加齢とともに、関節が痛くなったり、骨粗しょう症になったり・・・



こう考えると、コラーゲンって、

人間の身体にとって、とても大切なものとわかりますよね・・・




posted by 生コラーゲン at 00:57| Comment(0) | コラーゲンとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
生コラーゲン」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。