2011年01月13日

生コラーゲンリポコラージュの特徴

生コラーゲンリポコラージュの特徴




セルベスト生コラーゲンリポコラージュの特徴

● お肌と同じ成分で、角質層まで浸透

● 生コラーゲンの他にヒアルロン酸と、エラスチン成分も

● フェース生コラーゲンは一般的なコラーゲンより、6倍の潤い

● 角質層を整えてからお肌に栄養を与えるという「プレケア」




コラーゲンは分子が大きく、

外側から肌に浸透することはありません。


ナノ化レベルまで分子を小さくすれば、

コラーゲン本来の構造が崩れてしまい、

潤い力が低下してしまいます。



そこで、

お肌の成分と同じにするラメラ構造を採用することで、

上記の弱点を克服した、

肌に浸透する

生コラーゲンリポコラージュが誕生したのです!






2011年01月12日

生コラーゲンリポコラージュの使用感その3

生コラーゲンリポコラージュの使用感その3




初めて、

生コラーゲンリポコラージュを使ったときは、

びっくりしました。



肌にすぅーと入っていく感じを

驚くほど実感できたからです。



今までコラーゲン入り美容液や、

化粧水を使った事はありますが、

それらとは全然違います。



今まで使った事のあるコラーゲン入り美容液等は、

肌に入る感じがなかった・・・というか、



生コラーゲンリポコラージュを使ってみて、

その浸透感に驚き、

今までのものは、

ただ、パチャパチャお肌を叩いているだけだったと気が付きました。



生コラーゲンリポコラージュを使わなければ、

「こんなものか」と気が付かなかったかもしれません・・・




⇒ 角質層に入る生コラーゲン美容液リポコラージュ





※使用感は個人の感想によりものです。



2011年01月11日

生コラーゲンリポコラージュの使用感その2

生コラーゲンリポコラージュの使用感その2




まず、生コラーゲンを溶解しなくてはなりません。

生コラーゲン.bmp


送られてきた生コラーゲンリポコラージュは、

新鮮さを保つという事で、フリーズドライされています。



それを、付属のウォーターで溶かします。



私が、購入する際

迷ったのはココ!


なんかメンドクサ〜イって・・・



でも、実際溶かしてみたら、簡単でした。

本体の赤いボトルの中には、

フリーズドライ化された生コラーゲンが入っています。


そこに、一緒に付いてきたウォーターを入れて、

キャップをして、シャカシャカと振って溶かします。


ダマが消えればOKです。



使用の都度溶かすのではなくて、

最初封を切った時だけで良いのです。


溶かした生コラーゲンは、

冷蔵庫保管となります。




生コラーゲン」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。